初めて育児休業するとき

初めて育児休業するとき

初めて育児休業を取得するとき、会社にどのような規定があるのか、就業規則や育児介護休業規定などで確認してみましょう。特に、会社に制度がない場合、育児・介護休業法で定められているルールを参考にして下さい。

育児休業制度とは?

育児・介護休業法という法律に基づき、原則として子が1歳に達するまで、一定の要件を満たした労働者が事業主に申し出ることによって、育児休業を取得することができます。

育児休業の申出は、休業開始予定日の1ヵ月前までに会社へ書面で行うことになっています。それを受けて、会社は「育児休業取扱通知書」という書面を速やかに本人に交付します。

原則としては子供が1歳に達するまでですが、保育所に入所できないときや、面倒見るはずだった配偶者が病気やケガなど一定の事情がある場合には、最長2歳に達するまで育児休業を延長することができます。

妊娠~育児休業復帰まで、手続きの流れを確認したい方は、無料ダウンロードをご利用ください。

産休と育休の違いをチェック

産休と育休を同じ意味で使っている方が多く見受けられますが、この2つは、全く違うものです。どのような違いがあるのかをチェックしてみましょう。

産休とは? ~女性のみ取得することができます。

産前休業と産後休業を略して「産休」といいます。

これは、働く女性が安心して出産を迎えられるための準備期間と、産後体力を回復するための期間で、労働基準法第65条に基づく休業です。

法律では、産前42日間(双子以上の場合は98日)内に出産予定の女性が請求した場合、就業させてはならない、と定めています。これを産前休業といいます。

また、産後56日間を経過しない女性を就業させてはならない、と定めています。これを産後休業といいますが、産後42日間を経過した女性が請求した場合で、医師が認めた業務をすることは可能です。

育休とは? ~男女とも取得することができます。

育児休業を略して「育休」といい、育児・介護休業法で定めています。

育休は、産後休業が終わってから、つまり出産後57日目から、原則として子供が1歳に達するまでの間取ることができます。

産休は女性しか取ることができませんが、育休は男性も取ることができます。 男性の場合は、配偶者の出産予定日から申請することが可能です。

出産・産休・育児休業でもらえるお金

勤務先で健康保険と雇用保険に入っている人は、休業中の生活保障として給付金をもらうことができます。

会社からもらえると誤解している人も多いようですが、実際には健康保険や雇用保険制度から支給されます。 また、育児休業中は年金事務所へ申し出ることで、健康保険・厚生年金保険料の免除を受けることもできます。

こうした給付や免除は、自動的に受けられるものではありません。しっかりと手続きしないともらえませんので、お忘れなく!

出産・産休・育児休業でもらえる給付の種類とシミュレーションはこちらのページをご参照ください。

h3_icon_small育児休業手続キット IKU cute

IKU cuteは、育児休業に関する手続き方法や申請書類の書き方など、詳細説明と書式がセットになったお得なキットです。

2017年10月1日施行の改正育児・介護休業法に対応した、最新版をリリースしています。

企業の人事・労務担当者様向けの【会社版】と、これから育休を申請される方向けの【個人版】の2種類をご用意しております。

法人の方へ 育休手続セット個人の方へ 育休手続セット

フォローする