出産・育休でもらえるお金

出産・育休でもらえるお金

出産・育児休業に関連して、健康保険や雇用保険制度から下記の給付金を申請することができます。

出産育児一時金 ~子供が生まれたときに健康保険からもらえるお金

健康保険に加入している被保険者が子供を出産したとき、「出産育児一時金」が支給されます。(被扶養者が出産したときは「家族出産育児一時金」という名称で、被保険者に支給されます。)

給付額: 一児につき、42万円 (定額)

※産科医療補償制度に加入している医療機関等で出産したとき。それ以外の医療機関等で出産した場合は40万4千円。
※上記は協会けんぽの場合。健康保険組合は付加給付があるケースもあるので、確認しましょう。

出産手当金 ~産休中の生活保障として健康保険からもらえるお金

健康保険に加入している被保険者が出産のために仕事を休み、出産の日(出産が予定日より遅れた場合は出産予定日)以前42日(双子以上は出産日以前98日)から出産日後56日までの期間で、給与を受けられない場合に出産手当金が支給されます。

給付額: 休業1日につき、標準報酬日額の3分の2相当額

※出産手当金の対象は、女性に限られます。
※2016年4月より、支給開始日以前の継続した12ヵ月の各月の標準報酬月額を平均した額を30日で除した額に2/3を乗じた額で計算することに改正されます。

育児休業給付金 ~育児休業中の生活保障として雇用保険からもらえるお金

1歳(延長事由に該当する場合は1歳6ヵ月)に満たない子を養育するために育児休業を取得するとき、一定要件に該当する雇用保険の被保険者に対して支給されます。

給付額: 休業開始時賃金日額※ × 支給日数 × 50%(育休開始後6カ月間は67%)相当額

※休業開始時賃金日額とは、休業開始日の前日(産休を取得した被保険者が育休を取得した場合は、原則として産休開始前から)6ヵ月間の賃金額の合計を180で割ったもの。
※育児休業給付は、支給要件に該当する男性も対象になります。

育児休業給付金の受給条件はこちら

出産・産休・育児休業でもらえるお金

出産・産休・育児休業でもらえるお金と節約できるお金

【産休+子供が1歳になるまで育児休業を取った場合の目安】

給与総額18万円の場合
出産育児一時金 + 出産手当金 + 育児休業給付金  → 約190万円もらえます!
産前産後休業 + 育児休業期間中の社会保険料   → 約35万4千円節約できます!

給与総額26.5万円の場合
出産育児一時金 + 出産手当金 + 育児休業給付金  → 約259万円もらえます!
産前産後休業 + 育児休業期間中の社会保険料   → 約51万2千円節約できます!

給与総額32万円の場合
出産育児一時金 + 出産手当金 + 育児休業給付金  → 約306万円もらえます!
産前産後休業 + 育児休業期間中の社会保険料   → 約63万円節約できます!

注)申請する時期は、給付金ごとに異なります。出産日により保険料免除の期間は異なります。

・給与総額とは、基本給に通勤手当などの諸手当を含めた総額で休業前6ヵ月の平均給与
・出産手当金は、産前産後休業98日として試算
・協会けんぽ東京支部に加入する40歳未満の方で試算(2017年2月現在)
・社会保険料の免除についての詳細はこちら

【要】このような給付金をもらうためには、しっかりと手続きを行う必要があります。

給付金をきちんと受給するには、妊娠~育児休業まで、いつ、どのような手続きをすればよいか、確認しておく必要があります。申請期間を過ぎてしまうと、もらえない給付金もあるので、くれぐれもご注意ください。

育児休業の手続きの流れをきちんと知るために、【育児休業の流れをCheck!】をご用意しました。無料でダウンロード頂けますので、下記よりご入手下さい。

235-1

h3_icon_small育児休業手続キット IKU cute

IKU cuteは、育児休業に関する手続き方法や申請書類の書き方など、詳細説明と書式がセットになったお得なキットです。

2017年1月施行の改正育児・介護休業法に対応した、最新版をリリースしています。

企業の人事・労務担当者様向けの【会社版】と、これから育休を申請される方向けの【個人版】の2種類をご用意しております。

法人の方へ 育休手続セット個人の方へ 育休手続セット

フォローする