【コラム】育児休業は両親が同時に取得してもよい?

昨今は子育てしながら働く女性が増え、夫婦の協力なくしては忙しい日常生活が回らない、ということもあるかもしれません。

特に、産後の時期は慣れない子育て生活に心身ともに疲れてしまい、産後うつを引き起こしやすいとも言われています。

そうした状況をカバーするために、夫が育児休業を取るケースもあります。

産後の大変な時期や妻の復職時だけでなく、主体的に育児に関わりたいという男性も増えており、「イクメン」という言葉もあるとおり、育児休業を取りたいと考える人も(取得できるかどうかは別として)実は少なからずいると言われています。

そうした場合、夫婦が同時に育児休業を取得することは可能なのでしょうか?

「妻が育児休業を取っているなら、夫は取れない」と思っている方は意外と多いかもしれませんが、それはひと昔前の話。

平成22年の法改正前は、労使協定を定めることにより、配偶者が専業主婦(夫)や育児休業中である場合等の労働者から、育児休業の申出を拒める制度となっていました。

現在は、そうしたルールは廃止され、妻が育児休業を取っていても、専業主婦であっても、夫婦一緒に育児休業を取得することができます。

男性が育児休業を取ることによって、子ども成長を共に見守り、夫婦の連帯感が生まれるとも言われますし、家事分担の共有によって復職後の両立生活への不安が軽減できたりするといったメリットもあります。

また、仕事や働き方を見直すきっかけとなり、育休前よりも労働生産性が向上した、という話も耳にします。

夫婦の子育てスタイルはそれぞれの形があります。ぜひいろいろな可能性を模索し、充実した子育て期を迎えられることを願っています。

フォローする